花粉症になる仕組み、花粉とIgE抗体が反応して化学伝達物質を放出

花粉症になる仕組み
花粉とIgE抗体が反応して化学伝達物質が放出

花粉症になる仕組みについて説明します。

花粉が体に入ると、花粉をウィルスや細菌と同じように体に害のあるものと認識し、人によっては「IgE抗体」というものを体内に作ります。

この「IgE抗体」は鼻の粘膜や結膜に存在する「肥満細胞」と結合します。

そして、再び花粉が体に入ると、花粉と「IgE抗体」が反応して、「肥満細胞」から「ヒスタミン」などの「化学伝達物質」が放出されます。

この「化学伝達物質」が、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどを起こして、体内に花粉が入らないように追い出そうとします。

これが花粉症の仕組みです。

裏から見ると、花粉症にならない人は、花粉が体に入ってきても「IgE抗体」が作られない人ということです。

また、「IgE抗体」が体内に作られても、花粉症を発症しない人もいます。必ずしも花粉症が発症するとは限らないのです。

ただ、「IgE抗体」が体内にたくさん作られると、花粉症を発症する人の割合も増えていくのも事実です。

花粉症になりやすい人ってどんな人?に続く »